無料お試しデモクリーニング 当社のクリーニング方法 遮熱施工 セルフィール施工 クリーニング Q&A FAQ よくあるご質問 お客様の声
トップページ >> 遮熱施工 >> 遮熱施工トップヒートバリアーとは

遮熱施工トップヒートバリアー(T.H.B.)とは

日本一のノウハウと世界一の遮熱素材で既築建物の省エネ・省コストや生活環境の改善を行います。

  • ■ 真夏38度でもノーエアコンで作業している工場。
  • ■ 体感温度が変わると室温30℃でも暑さを感じない。
  • ■ 遮熱って冬は暖かく、夏は涼しい。
  • ■ 遮熱をすると、熱射病や冷房病、ヒートショック対策になる。
  • ■ 遮熱によって建物全体の温度がより均一になる。
  • ■ 人間やペットの健康管理にとても良い。
  • ■ 肉用動物の生産性が大幅に向上する。

遮熱施工トップヒートバリアーとは遮熱施工トップヒートバリアーとは

日本一のノウハウと世界一の遮熱素材・トップヒートバリアーは宇宙産業から生まれた遮熱材です。

日本一のノウハウと世界一の遮熱素材で既築建物の省エネ・省コストや生活環境の改善を行います。

トップヒートバリア遮熱材は、超高温、超低温と過酷な温度環境である宇宙産業から生まれました。この最先端の素材を、日本の技術で改良を重ね、世界一高性能な遮熱シートとして生まれたのが「トップヒートバリアー」です。この度、遮熱板材として国内特許はもちろんPTC国際特許も取得しました。アルミ純度99%を使用した皮膜は、輻射熱を98%反射する性能を有しています。又、厚さわずか0.2mmという超薄型を実現。その性能も世界一と評価されております。

ただし、遮熱材はただ貼れば良いというわけではありません。長期耐久性や熱効率を最大限に引き出す為には、適切な素材の選択や工法、そして正しい理論と知識を持った施工が必要です。この遮熱材を様々な環境条件に合わせた40パターン以上の施工マニュアルをもって、どんな条件下の既築の建物でも施工できるようにしたのが、T.H.B(トップヒートバリアー)です。

トップヒートバリアー遮熱工法の特長トップヒートバリアー遮熱工法の特長

トップヒートバリアーは輻射熱の98%をカットする事が出来ます!

トップヒートバリアー遮熱工法は、以下の写真のように輻射熱の98%をカットする事が出来ます。従って、真夏に38℃でもエアコン不要の環境を作り出す事も出来ますし、冬場も同様の効果を発揮しますので、大幅な省工ネが実現できます。

電気ストーブの遠赤外線を照射
トップヒートバリアーに電気ストーブの遠赤外線を照射すると、熱の98%が反射されます。

天井面にトップヒートバリアーを施工
天井面にトップヒートバリアーを施工すると、室内には屋根からの熱の侵入が無いことがわかります。

世界一の断熱性能です!

遮熱材や断熱材の性能評価は、外壁材や石コウボード等で壁体をつくり、その中に遮熱材を設置して現実に近い状況で行なわれます。遮熱材の反射率が高い事は重要ですが、最終的には、この熱還流抵抗の値が遮熱材の性能を評価する最も重要な値となります。トップヒートバリアー遮熱材の抵抗値は世界一の性能を有しています。

トップヒートバリアー遮熱材の抵抗値

体感温度の変化について体感温度の変化について

太陽からの輻射熱(電磁波)は、物に当たると熱を発生し、その物体の温度を上昇させる性質を持っています。私達が熱さを感じるのは、気温よりむしろこの照射される輻射熱の量に影植を受げています。トップヒートパリアーは、この輻射熱の98%を反射してしまいますので、自然環境に非常に近い超日陰を作る事ができます。熱を遮ることで、外側からの輻射熱は外側に又内側からの輻射熱は内側に反射させ、内外の熱移動を無くすことにあります。 建物の周囲をトップヒートバリアーで囲むと、屋外からの熱は屋外に反射させます。又、同様に室内側の熱は室内側に反射させることになります。

遮熱施工のお勧め遮熱施工のお勧め

トップヒートバリアーのその他の特長

今、遮熱工法が注目され始めましたが、アメリカでは遮熱工法利用に100年の歴史があります。断熱より遮熱の方が現実に効果が大きいので、遮熱を主に考えるようです。
しかし、日本は今まで断熱しか方法はないように考えられてきた歴史があります。遮熱工法は遮熱の原理を理解せず、利用方法を誤ると全く効果がない事も一因です。

トップヒートバリアーをお勧めする理由

遮熱工法では様々な遮熱シートが販売されていますが、遮熱効果の性能の目安は遮熱率です。トップヒートバリアー遮熱シートは98~98%と世界最高の水準です。しかも0.2㎜と極薄で半永久に劣化がなく、効果が抜群です。

環境省では、エアコンの設定温度を1℃変えるだけで10%消費電力が変わると広報でPRされていますが、トップヒートバリアー遮熱シートでしたら、30%、40%削減は容易です。

この世界で最高水準のトップヒートバリアー遮熱シートで断熱材との違いや遮熱効果を実験でご覧頂きますと、トップヒートバリアー遮熱シートの性能に納得され、省エネについて沢山学習してきたけれど、こんなにシンプルでしかも省エネ効果の高い物は初めてだと、高い評価を頂きまして、既設の建物の屋根裏・天井裏・壁・床下ににご利用下さっています。

このようなご利用が増えてきております。

すでにトップヒートバリアー遮熱施工をご利用頂いたお客様では、増改築や新築時に、「断熱材を使用せず、全てトップヒートバリアー遮熱シートを使いたい」というお客様が増えております。 製造現場では、配管・タンク・炉体などの定温維持に利用されるケースが増えてきております。

御社の施設で、「冬は寒過ぎる」「夏は暑すぎる」「この熱を何とかしたい」という所がありましたら、ぜひ、費用対効果抜群のトップヒートバリアー遮熱施工をご検討下さい。

トップヒートバリアーのその他の特長

  • 施工費が安いので最も投資効率が高い工法と言えます。一般的!こ2~-3年で資金回収が可能です。
  • 一度施工すると、半永久的な効果を発揮し、改築時の再使用も可能です。
  • メンテナンスが全く不要です。電気代もかからないランニングコストゼロシステムです。
  • 改造工事等が不要ですので、工事は短期間で完了します。

株式会社シンエーは、「遮熱施工トップヒートバリアーの施工認定会社です。

★遮熱施工に関してのよくあるご質問は、こちらの「クリーニングQ&A」(遮熱施工)ページにまとめてありますのでご覧下さい。

▼ 遮熱施工についてのお問い合わせ・お見積もりはこちらへ ▲

【業務提供エリア】

●基本的には、大阪・京都・奈良・滋賀・兵庫 などの関西(近畿)地方全域。(大阪府下・大阪市内全域・京都市・神戸市・滋賀県・奈良県)

●ボリュームがあれば、関西地域以外(東京・神奈川・千葉・埼玉などの関東地方、愛知(名古屋)・岐阜・長野・静岡などの中部地方、広島・岡山・山口などの中国地方、福井県・石川県・富山県などの北陸地方、徳島・愛媛・香川・高知などの四国地方)などにもサービスを提供させて頂きますご相談下さい。

ページのトップへ

Copyright (C) 2013 株式会社シンエー All rights reserved.