無料お試しデモクリーニング 当社のクリーニング方法 遮熱施工 セルフィール施工 クリーニング Q&A FAQ よくあるご質問 お客様の声
トップページ >> クリーニング方法/日常のお手入れ方法 >> エアコン・ロスナイ

エアコン・ロスナイのクリーニング方法/日常のお手入れ方法

エアコン・ロスナイクリーニングのお勧め

エアコンのクリーニング方法・お手入れ方法ロスナイのクリーニング方法・お手入れ方法

・ホコリくさい、カビ臭いイヤなニオイがする
・冷暖房能力が弱くなった
・吹き出しにシミ、カビ、結露が発生
というようなことはありませんか?

この状態でホコリやカビでいっぱいのエアコンを使い続けると、不衛生であるばかりか電気効率も悪くなり、エアコンのコンプレッサー(車でいうエンジン部分)に負担がかかり、故障の原因にもつながります。コンプレッサーが壊れると業務用エアコンで20~40万円(エアコンの馬力によって異なります)の修理代にもなります!
カバーを外してフィルターをきれいにされるお客様は多いのですが、残念ながらそれだけでは問題解決にはなりません。

内部の分解洗浄によるクリーニングは、
・臭いもシャットアウト
・空気の清浄
・節電効果を高め
・冷暖房能力も高める  ことができます。

エアコン洗浄前後の風量・風速度の変化を知りたいお客様には、調査してご報告申し上げます。

エアコン・ロスナイのクリーニング方法

① 今までのクリーニングとの違い

エアコンのクリーニングでの効果は、通常のフィルター掃除や市販の洗浄剤では除去しきれないホコリやカビ等を徹底的に取り除くことによって、

1.エアコン本来の機能を取り戻して室内の環境を改善する事
2.負荷の掛かっていた熱交換器の機能を復帰する事によって余分な電力消費を押さえる事とエアコンの寿命を延ばす事により長期的な観点でのコスト削減ができる事
です。

※通常、市販のエアコン洗浄剤では汚水がドレンパイプに残る為、洗剤と汚水を栄養分として雑菌の発生及び繁殖率が高くなる為お薦めは出来ません。

※エアコンクリーニングには上記の内部分解洗浄の他に、お安い価格でフィルターや外面を清掃する簡易清掃や内部を分解せずに行う内部清掃などがありますが、購入後3年以上経過しており、なおかつ今までクリーニングをされた事のないお客様には徹底した内部分解洗浄をお薦めします。

※クリーニングされる時期は、暖房を終わり冷房を使用するまでの春先から初夏までの期間もしくは冷房を終わり暖房を使用するまでの秋口の期間が最適といえます。

② 内部分解洗浄の手順 (様々なタイプのエアコンがある為、一般的な手順とします)

  1. 先ず現場の養生をします。
  2. エアコンの電力回路のブレーカーを落とします。
  3. エアコンの表面カバーを全て外し、エアコン内部のファンや内部カバー等の備品を取り外します。
  4. 3で取り外した部品をエアコン用特殊洗剤(アルカリ性)にて洗浄し乾燥させます。
  5. 内部分解(基盤・ファンモータ・ドレンポンプなど)をして、露出している熱交換器をエアコン用特殊洗剤と高圧洗浄機により洗浄します。
  6. 熱交換器以外の内部の清掃を行います。
  7. 各箇所の洗浄が終われば、取り外した部品を順次全て取り付けて行きます。
  8. ブレーカーを上げ運転テストを行います。

エアコン・ロスナイの洗浄効果

① クリーニング前後の消費電力量・デマンドの特定効果

エアコン・ロスナイのクリーニング洗浄前と洗浄後の写真

② クリーニング前後のエアコン風速測定結果

  1階 事務室
床置エアコン
1階 作業場
床置エアコン
2階 食堂
床置エアコン
クリーニング前(風速m/s) 8.1 7.7 7.2
クリーニング後(風速m/s) 9.6 9.9 9.8
平均 風速 26.8%増

エアコン洗浄前後の風量・風速度の変化を知りたいお客様には、調査してご報告申し上げます。

③ 洗浄効果を写真で見る

エアコンのクリーニング前後

エアコン・ロスナイのクリーニング洗浄前と洗浄後の写真

エアコン部品のクリーニング前後

エアコン・ロスナイのクリーニング洗浄前と洗浄後の写真

エアコン部品のクリーニング前後

エアコン・ロスナイのクリーニング洗浄前と洗浄後の写真

アルミフィン部のクリーニング前中後

エアコン・ロスナイのクリーニング洗浄前と洗浄後の写真

自分でできるエアコン・ロスナイのメンテナンス方法

エアコンの簡単な汚れに対する対処法と注意点

汚れの種類 対 処 法
フィルターの汚れ 先ずフィルターを外し、マカロニブラシをつけた掃除機でほこりを吸い取ります。それから洗剤をフィルターに直接にスプレーし、ブラシでこすります。こすり終わったらきれいな濡れタオルで洗剤分をふき取り乾いたタオルで乾拭きします。そして最後にフィルターを陰干しします。フィルターは直射日光にさらすとフィルターを傷めてしまうので直射日光には当てないで下さい。
カビのニオイほか悪臭・水漏れ 先ずはフィルターの洗浄が大切ですが、エアフィルターでは取り除けない微細なほこりがエアコンの熱交換器に付着し、消費電力の増加や様々な故障を引き起こしたり、カビ・悪臭・水漏れ・ドレンホースづまり等の症状を起こすのです。これらの根本的な原因をなくするには、信頼できるプロによるクリーニングをお勧めします。

【業務提供エリア】

●基本的には、大阪・京都・奈良・滋賀・兵庫 などの関西(近畿)地方全域。(大阪府下・大阪市内全域・京都市・神戸市・滋賀県・奈良県)

●ボリュームがあれば、関西地域以外(東京・神奈川・千葉・埼玉などの関東地方、愛知(名古屋)・岐阜・長野・静岡などの中部地方、広島・岡山・山口などの中国地方、福井県・石川県・富山県などの北陸地方、徳島・愛媛・香川・高知などの四国地方)などにもサービスを提供させて頂きますご相談下さい。

ページのトップへ

Copyright (C) 2013 株式会社シンエー All rights reserved.